« 「見えないものとの約束」 | トップページ | 「夢の途中」 »

2016年9月20日 (火)

「ただ 雨は嫌いではない」

ココロに染みるフレーズ ~その漆百参拾

早朝より
けたたましいほどの雨音である
降るぞふるぞと聞いてはいたものの
事程左様に降るとは思わないでいた
高々このような雨など大した事もなく
直に止むであろうとたかをくくり
自転車で外出を試みたところ

あたまのさきから
つまさきまで濡れてはおらぬ所が
見当たらぬほどの濡れ様である
しかも強風で
傘を一本駄目にしてしまった

何分反骨心の塊のような性分である

ひとの云うことを聞かぬ
どぶねずみの一丁あがりとはこのことか

ただ
雨は嫌いではない
適度な雨は
殊更に風情があって良い
雨音と共に天からメロディが流れてくる

適度な雨はすばらしい
適度な雨は好きだ

雨音も少しおとなしくなってきたか

僕の周りには先ほどから
I like chopin/Gazeboが流れている

|

« 「見えないものとの約束」 | トップページ | 「夢の途中」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。