« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

「失わずに済むモノも少なくないはず」

ココロに染みるフレーズ ~その漆百参拾漆

今朝のネットニュースにて
ある記事が目にとまりました
ジョニーデップと
その資産管理会社の訴訟の件です

先ずはジョニーデップが資産管理会社を
訴えたとのこと
その後資産管理会社が反訴している
といった模様

この裁判合戦の
要点はジョニーデップの資産がほぼゼロに
なってしまったということに拠るもの

ジョニーデップ側の主張は
資産管理会社が勝手に資産運用を行って
損失をだしたことにあるという内容
片や
資産管理会社の主張は
ジョニーデップが毎月二億円といった
巨額の生活費を
浪費し続けているからであるといった内容

ジョニーデップといえば
お金稼ぎの序列の
世界100位内に入るような大金持ちです
率直に浮かぶ疑問は
たちまちまたたく間に
お金がなくなるものなのだろうか???と


二億円の生活費とはどういうものだろう
といった疑問もさることながら
別れた妻に150億の慰謝料の件を思えば
多少のガテンはいくものの
それでも
まだまだお金はあったでしょうし
ナニがどうなるとこうなるのだろうと

この記事を読み終えて
僕は思いましたですね。。。

裕福というものは
必ずしも幸福というものに符号しないということ
なんて
実に貧乏人根性を露呈するかのような
紋切り型文言を発している僕ですが
正直
酒もタバコもバクチもやりませんし
クルマももたない代わりに小汚いバイクで
満足しているような
庶民中の庶民の生活を送っているのです
でも、とても
幸せなのですよ

なにかふとしたことになかに
喜びを見つけられることが
僕にとっての幸せなのです

お金を有り余るほどに持ってしまうと
モノが壊れたら直すことは
きっとしないだろうし
人間対人間の情が薄れた際の修復も
おろそかになってしまいがちになる
ように思うのですよ

なにかちょっとしたことに
気がついていれば結果
失わずに済むモノも少なくないはずなのです

物事を
静かに見る目を失ってはいけませんね

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

「誇ることなく実に凛々しいこと」

ココロに染みるフレーズ ~その漆百参拾陸

とおりかかった公園の一角で
梅の花をみつけました
ささやかに
そしてつつましく咲いているその姿
誇ることなく実に凛々しいこと

さきほどから
雨がふり始めています
過ぐる日の雨と相異なり
次第にやさしくなりつつあるようです

この時季は風情があって良いものです
春の足音が
実にゆるやかに
それはそれはゆっくりと耳に届きます

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

「あえて 未完成の状態にしてあるということです」

ココロに染みるフレーズ ~その漆百参拾伍

ここのところ
潔癖になりすぎている人たちが
目をひくのはなぜでしょう

自身の考えにそぐわないことに関して
破壊或いは
排除する方向に考えがちになる
そこまで潔癖になるのは
なぜでしょう

これは由々しき問題であると思っています


不要であるからと
物事を定規でひいた直線の如く分断し
ばっさり切り捨てては
結局は自身の不利益に繋がると
思うのです

必要なことがすべて揃っている
ということは
これから必要なことが無数に現れる
という事だと思うのです

完璧なものは
成立した時点から破綻に
向かっていると思います


世の中の支点は
けっして左右対称の真ん中であるとは
限らないと思います


日光東照宮の柱には一本だけ
逆向きのものがあるそうです
有名な「逆柱」というものであり
あえて
未完成の状態にしてあるということです


満たされ過密に潤った
そのあとは
もはや欠けゆくだけの道しか残っていません





| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »