« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月18日 (日)

「初めて航空機が飛ぶ」

ココロに染みるフレーズ ~その漆百拾壱

北方領土へのお墓参りを
初めて航空機にて実施する
というニュースがありました

当事者でない僕からすると
これまでの移動手段は何だったのだろうか
程度の認識でしかありませんが
目を凝らしてよくよく記事を読んでみると

これまでは船舶移動であったらしく
相当な時間と体力のコストがかかっていたとの事
ましてや
墓参する方々は年を追うごとに
高齢化がすすみ
お墓参り自体は苦難であったとのこと

「初めて航空機が飛ぶ」

これは先だっての
日露会談の成果に拠るものらしく
船舶移動から航空機移動になるまで
これだけの時間を費やしているのか
と思うといまだに戦争の影は色濃く
残っているのだなと思わずにいられませんでした


自分達が暮らしていた土地を奪われ
戦後これだけの月日が経てど
先祖への挨拶すら安易にはことが成しえなかった

これも戦争の残影
為政者の間違った判断で
悲運への服従を余儀なくされる国民

「初めて航空機が飛ぶ」

只只
過ちが繰返されぬことを
切に祈るばかりです

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »